ミニブタの飼い方

ミニブタをペットとして飼いたい方のために、ミニブタの飼育方法を簡単にを説明したいと思います。

ミニブタはとても食いしん坊な性格で、しかも雑食なので何でも食べます。
欲しがっているからといって餌を欲しいだけ与えると、太りすぎになるばかりか栄養のバランスも崩すことになりますので注意しましょう。

主食の穀物、野菜などをバランスよく与えるようにし、特にお菓子やビスケットなどの甘い物はブタの大好物ですが、ご褒美などに少し与える程度にしましょう。

市販のミニブタ用のエサは、様々な栄養がバランスよく配合されていますので、1日1回、2回でも問題はありませんが、毎日同じ量を同じ時間に与えましょう。

餌の量はミニブタの大きさや運動量などの状態によって違ってきますので、わからないことはペットショップに聞いてください。

ミニブタをペットとして飼う場合、まずやらなければいけないしつけはトイレです。
豚はきれいな所が好きで、寝る場所や餌を食べる場所、トイレの場所を決める性質がありますので、飼い主は助けてあげるようにしつけをしてください。

子豚は、自分の寝床から離れた部屋の隅などで、トイレをします。
各場所が食事、寝床、トイレと子豚が感じるように仕向ければ自然に覚えしつけが楽になります。

もしなかなかしつけが上手くいかない場合には、ビスケットなどを利用して出来たときは褒めてあげてください。
そして叱るときはすぐに叱ってください。
時間が立つと効果がありません。
なるべく叱るより褒めるようにして、しつけてください。
豚はいたずらが好きで、鼻で土を掘り起こしたりしますので、広い庭などで遊ばせるようにしましょう。

豚の毛は長くならず、抜け毛も少ないので、毛の手入れも犬などのペットに比べると比較的楽です。
体は老化した皮膚がフケになるので、お風呂で洗ってあげましょう。

基本的に水浴びを好みますが、生後4ヶ月頃までは風邪の原因になりますので控えるようにしましょう。
豚のつめはコンクリートの上を歩くと、手入れの必要はありません。

なお、豚をペットとして飼うにあたって、ワクチンの摂取をオススメします。


亀の飼い方

昔から「鶴は千年、亀は万年」と言われていますが、その名の通り、亀は大変長生きします。
クサガメやミドリガメの寿命は30年程度と言われていますので、最後まで責任を持って可愛がって欲しいと思います。

沼亀を飼うには、まず体長の数倍〜10倍程度の大きさの水槽を用意します。
そこに首を伸ばして顔を出せる程度の深さのカルキ抜きした水を入れてください。
成長したら、水の量を増やしても大丈夫ですが、亀は空気中で呼吸するので、水深を深くしすぎないように注意しましょう。

カメの甲羅が頑丈に大きく育つ為には日向ぼっこが必要です。
そのため、ライトが当たる暖かい場所と、狭い場所が好きなので隠れられる場所を作ってあげてください。

亀の飼育には温度管理が重要です。
水温が26℃ぐらいで、ホットスポットは28〜35℃ぐらいを目安に調節します。
ペットの亀を室内で飼う場合も、寒暖の差を付け、ホットスポットの場合は、昼間はライトを点灯し夜に消灯します。

亀は冬眠しなくても平気です。
水が冷たくなると亀は冬眠を始めます。
冬眠は仮死状態になりますので、水中ヒーターなどを用意してしっかり管理してあげてください。

亀は話したりしませんが、寂しがりの一面があり、遊びたい生き物でもありますので、よく遊んであげてください。
亀の一日は朝起床し、ホットスポットで体温を上昇させてから食事・昼寝をし、夜は就寝します。

亀を迎えるにあたり用意する物は、水槽、水、餌、ヒーター、陸場、白熱球などのライト、温度計ですので、亀の環境を整えてから買いましょう。

小亀の水は、カルキ抜きをしっかりするようにしましょう。
ある程度成長すれば神経質になることもありませんが、亀は水を良く汚すので、水交換は三日に一回、まめに行いましょう。
亀には必ず日光浴が必要で、紫外線が重要であることを覚えておいてください。
日向ぼっこをしないと甲羅が柔らかくなり、病気にかかってしまいます。

亀はペットとして長生きして飼いやすいように思えますが、そのためにもきちんとしたお世話が必要です。
責任を持って可愛がりましょう。

猫を飼う前に

猫は長生きする猫ですと、約20年以上生きると言われています。
20年の間、私たちには様々な出来事が起こりますが、自分たちの都合で飼えなくなったという事がないように、最後まで責任をもってペットを可愛がってあげましょう。

猫は元々単独で生活する生き物なので、ある程度しつけることは出来たとしても、犬のようなしつけは難しいと言われています。
犬と比べ猫は色々なことを覚えない言う認識がありますが、猫の知識や学習能力が低いわけではありません。

犬と猫の違いは、もともと備わっている性質によるのです。
犬はリーダーを決めて、群れを作って行動する動物ですが、猫は単独で生活しているので、自分で判断する習性を持っています。

ですから猫は自分の言ったことを実行してくれる動物ではないことをきちんと理解した上で猫を迎えてください。

猫は私たちが考えている以上に、順応性に優れた動物です。
猫は気ままに見えますが、犬と同じように大変甘えん坊です。
性格にもよりますが、いつも人のそばにいたり、一緒に寝る猫もいます。

猫をペットとして迎える際、捨てられた猫を拾ったり、産まれた子猫をもらったり、ペットショップから購入して猫を飼い始めますね。

どんな猫でも、ワクチン接種と去勢または避妊手術はしてください。
閉じ込めておくのはかわいそうと、散歩させたりする人もいますが、外出する事でケンカや伝染病の感染、交通事故や中毒、今では虐待などにも注意しなければなりません。
そういった命を危険にさらすことも考えなければならないので、飼い主になった以上は室内飼育をして、ペットを守ってあげてください。

拾ってきた猫の場合は、動物病院に連れていきましょう。
獣医師にみてもらい、病気に感染していないか検査しましょう。
どの猫でもペットとして一緒に生活する前に、一度検査を受けに動物病院に連れていってあげましょう。

インコの飼い方

これからインコをペットとして迎えたいと思う方も多いのではないでしょうか。
ここではインコの特徴や性質などについてお話したいと思います。

インコの種類は様々ですが、よく知られているインコと言えば、小型のセキセイインコではないでしょうか。
インコはペットとしてのコミュニケーションも取ることが出来ますが性格もおしゃべりが好きなインコや、甘えん坊など様々です。

カラーがとても綺麗で、しかも模様も個性豊かですので、自分のお気に入りのインコを探すのも楽しみだと思います。

自分のお気に入りのインコを探すのも楽しみですよ。
セキセイインコの特徴は、手乗りが出来ることです。
小さいうちからペットとして迎えてあげると、とてもよく慣れます。
おしゃべりも得意ですが、特にオスのほうが言葉をよく覚えます。

ボタンインコやコザクラインコは、仕草がとても可愛く、手乗りインコとして人気があります。

ヨウムは大型のインコで、鳴く声もオタケビするようなことはなく、性格も温和ですが、値段が普通のインコよりは高いです。
ペットとしては飼いやすいですが、とても甘えん坊でさびしがりやなので、留守にすることが多い一人暮らしの方にはオススメできません。

オカメインコの特徴は、とても人懐っこく飼い主さんに甘えます。
カラーや模様も選ぶことが出来ます。
おしゃべりは得意、不得意に分かれていて、比較的オスは言葉を覚えやすいようです。

ペットとしてインコを飼うために、事前に必要な物は、鳥かご(ケージ)、エサ、ヒーター、おもちゃ、おやつまどが必要になります。

インコの飼うには他に、しつけの方法や噛み癖のしつけなどがあります。
最初は難しいかもしれませんが、慣れるととてもかわいいペットですので愛情をたくさん注いで可愛がってあげましょう。

ウサギの飼い方

ウサギはぬいぐるみのようにかわいく、ペットとしての大きさも丁度いいですね。
これからウサギをペットとして迎えようとしている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ウサギを飼うときは初めどうしたらいいのか、簡単にお話したいと思います。

ウサギに与える食事は、ペットショップにあるラビットフード(ベレット)やにんじん、キャベツ、ブロッコリー、かぼちゃ、小松菜、カブの葉、とうもろこし、きぬさや、さつまいもなどです。

食事は新鮮なものを与え、特に干し草は忘れないようにしましょう。
この干し草には繊維質が多く含まれているのでウサギが元気になりますので、毎日与えましょう。
また、りんごやみかんなどの果物や、たんぽぽ、はこべなどの野草は時々やるようにします。
野菜や果物は農薬がついているかもしれないので、よく洗って水気をふいてから与えるようにしてください。

ラビットフードには固いものとやわらかいものがありますが、うさぎにも好き嫌いがありますので、はじめのうちはいろいろなタイプを試してみましょう。
ウサギ用の固いおやつは、歯の伸びすぎも防ぎますので、これも与えてやると良いでしょう。

絶対に食べさせてはいけない食事は、
ねぎ、長ネギ、にんにく、にら、チョコレート、アボガドで、アクの強いほうれん草も中毒をおこす危険性がありますので注意しましょう。
また毒性の強い野草や観葉植物も与えないでください。

タンポポの葉、はこべ、なずな、のこぎりそう、しろつめくさ、おおばこ、くずの葉といった雑草は与えても大丈夫ですが、それ以外は注意しましょう。

ウサギは犬などと違い、間違って食べても吐き出すことができませんので、人間が食べる味がつきすぎている物も与えないでください。

うさぎを入れるケージは、うさぎが体をのばせる大きさが必要で、うさぎがかじっても安心なゲージを選んで下さい。

ケージの床に敷くものは 風通しがいいものを選び、下はウンチが落ちる金網にして、木のすのこなど、やわらを敷いてあげると良いでしょう。
うさぎの足の裏は肉球がないので、床はやわらかくふかふかにしてあげないと傷をつけてしまうことがありますので注意しましょう。

トイレはペットシーツで、十分です。

うさぎのしつけや、食事を与える時間など解らないことは、ペットショップの店員さんなどに聞き、うさぎにストレスがかからない環境を作ってあたたかく迎えてあげましょう。

フェレットの飼い方

フェレットをペットとして迎えたら、お部屋で一緒に生活することができます。

ケージもありますが、ほとんどの人が部屋で放し飼いで飼っています
大人になっても、
フェレットは発情期にも凶暴になることもなく、猫よりも小さく近所に迷惑をかけることはありませんので、マンションに住む一人暮らしの方の間でとても人気があります。

性格は温厚で人になつき、大人になっても飼い主とよく遊びます。
人間によくなれるばかりか、トイレも覚えるのでしつけの面でも安心です。
うんちもべとつかずほとんど無臭です。
お風呂に入れることもできるので世話も面倒ではなく、家族同様に暮らせます。


フェレットは、家でペットとして飼えるように去勢、不妊、臭腺の除去手術をした小動物です。

手術のしていないフェレットや、手術していても不完全なフェレットは、強烈な臭いを出し、発情期も凶暴になり、ホルモン系の病気になりやすいのです。
ただし手術済みであっても、動物の多少の体臭はありますのでそのことは覚えておきましょう。

フェレットは人になつくためペットとして人気があり、フェレット同士でもお互いに遊びますので、2匹飼ってもいいと思います。
とても好奇心が旺盛で、愛情をそそぐほど飼い主と他人を見分けます。

芸も覚え、潜り込むのが大好きですのでバッグに入れて飼い主と一緒に外に出かけることもでき、また散歩も嫌がりません。
小さな場所に、一時的に入ることをあまり気にせず、よく寝る動物ですので、部屋では、一日に数時間遊ばせたり、駆け回ったりさせてあげてください。

ペットのフェレットは視力や聴力が弱いですが、その分嗅覚が非常に発達しています。
暑サも苦手です。
鳴き声をあまり出すことがなく、鳴くとすればベビー時期になります。
因みにフェレット寿命は約6〜10年くらいです。

犬を飼う前に

ペットを迎える前に、ペットは自分の寂しさを分かち合う物ではなく、人間と同じ生き物であることを忘れないで欲しいと思います。

子犬の時は、可愛くて当たり前ですが、小型犬でも半年を過ぎれば立派な大人の犬になります。

大型犬なら1日3回、小型犬でも1日1回は散歩に連れて行かなければ、ペットにもストレスがかかります。
飼い主の都合で家にいつもお留守番させておくわけにはいきません。ペットを迎える前に自分の生活スタイルをよく考えてから飼って欲しいと思います。

室内犬を飼いたい方は、まず最初に犬種を選びます。
顔がかわいいから、小さいからだけで選ぶのではなく、犬の性質を調べることから始めてください。

犬は、昔から人間と共に行動してきた動物です。
ですから犬の中には人間の目的のために、本能、習性、性質など強化して出来た犬種もいます。
脚が短く胴が長いダックスフントは、もって生まれた性質がアナグマを捕まえる狩猟犬です。
「ダックス」とは、ドイツ語でアナグマを意味しています。

ダックスフントは体が小さい割に、持久力やスタミナが十分にあり、一見かわいくておとなしく見えますが、実はとてもやんちゃな犬です。
走る時はスピードもあり、布団やソファを掘ったりする行動がよく見受けられますので、しっかりとしたしつけが必要です。
性格もあるかと思いますが、ダックスは人が来ると吠えることがあります。
また食事もしっかり管理しないと肥満になりやすい犬種で、しかも胴が長いため背骨の病気にも注意が必要です。

他にも、人を守るために作られた護衛犬、牧畜を守るために作られた牧畜犬など、犬の性質には必ず特徴があるので、犬種ごとの習性や本能を調べてから、ペットとして迎えてあげましょう。

ペットは10年以上家族として一緒に暮らしますので、老後の面倒も責任を持てる覚悟で可愛がってあげてくださいね。

犬を飼う前に準備する物

犬を迎えてから慌てて買い物に行くのではなく、犬が住みやすい環境を作ってあげてからペットを迎えるようにしましょう。

ここでは、犬をペットとして飼う前に、準備する物や必ず必要な物を紹介しておきます。

■サークル
成長することを考慮して、犬の大きさにあったサークルを用意しましょう。
しっかりした作りのサークルでないと壊されてしまうことがあるので、安定したサークルを準備します。

■トイレとシーツ
トイレのシーツは犬のサイズにあった大きさを選び、毎日変えて清潔にしてあげましょう。

■犬用ベッド
最初から飼い主と寝るとずっとその癖がぬけないので、はじめが肝心です。
安心できるベッド(寝床)を用意してあげましょう。
不要になったお布団でも喜びます。

■エサ入れ&水入れ

■キャリーやケージ
ワクチン接種や狂犬病予防の注射のために獣医さんに連れて行く時に必要ですから準備したほうが良いでしょう。

■お手入れ用品
毛のブラッシング用具、シャンプーなど。
爪切りは、慣れなうちは獣医さんかペットショップの店員さん、トリマーさんなどに相談してみましょう。

■おもちゃ
おもちゃは子犬の時は特に必要です。
ボールや、噛んで遊ぶような犬用おもちゃが適しています。
おもちゃがないとお留守番の時さびしくていたずらします。

■首輪とリード
散歩に欠かせないので、必ず用意しましょう。
その時、排泄物を入れるグッツも用意しておきます。
ブランド物などもあるので自分の好みとワンちゃんのカラーで選ぶとオシャレにキマリますね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。